<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008年 12月 26日
確かなもの
今、日本は金融危機の真っ最中にあるみたいだ。日経平均株価は8000円台まで下がっているし、銀行は貸し渋り、工場は経営の悪化から閉鎖され、従業員の解雇が相次いでいる。不安定な時代なのだと思う。社会不安が国民の上にのしかかっているのだと思う。

こうした時代に国民から求められるものは、何かしらの「確かなもの」だと思う。何か安心感や心の拠り所を与えてくれる確かなもの。それは、安定した生活かもしれない。揺るぎない確信を与えてくれる精神的な何かなのかもしれない。でも、このまま金融危機が続くのであれば、そういうものを求める人は2009年には間違いなく増加するだろう。

例えば、国家主義のような兆候は、増加する傾向にあるだろう。愛国主義的な発言をする政治家や評論家がもてはやされるようになるだろうし、それをもてはやす新聞があるだろう。国家公務員に就職をする若者も増えるようになるかもしれない。内定取り消しというニュースが騒がれていたが、企業に就職しても終身雇用を保障してくれるとは限らない時代になった。派遣社員は解雇され、外国人労働者の首はどんどん切られている。そうなると親方日の丸が安心だから就職人気が高まるようになるのではないだろうか。

他にも、新興宗教や自己啓発セミナーのブームがやってくるかもしれない。不安定な生活の中でも確かだと感じられるもの。こうした状況下で、人類は歴史の中で宗教を求めてきたが、それはいつの時代も変わらないだろうと思う。圧倒的なカリスマ性。それさせあれば、言っていることや主張が正しくなくても、かまわないのだと思う。だって、多くの人はそんな難しいことを考えずに、ただ安心感や救いを得たいだけなのだから。

本当は、確かなものを与えられる役割を担うべきなのは政治家なのだと思う。しかし、今の日本ではそこまでの求心力を持っている人がいない。そして、国民の多くも事態をそこまで深刻に考えていない。なんとなく、テレビ番組に出ている有名タレントの言っていることを、思考停止状態で聞いている。仲間内で同じような言葉使いをすることで、一種の連帯感を得ようとする。

バナナダイエットが流行っているという報道でバナナが市場から消えてしまう国で、バラエティ番組やテレビドラマ以外に共同幻想や物語を体感できない国で、社会不安が全体を覆っている。本来的には、社会学とか心理学とかおよそ社会科学系の学問というものは、こういう時代にこそ活躍するべきなのだと思う。情勢を分析した上で何らかの未来予測を提示すべきなのだと思う。しかし、あまり役に立っているとは思えない。それは悲しいことだ。

未来がどうなっていくかは誰にもわからないけれど、「蒼天既に死す」と漢の没落を憂いて現れた黄布族とそれに続く三国時代のように、あるいは明治維新期に多くの才能ある若者が現れたみたいに、時代を憂いてそれぞれの手段で立ち上がる人が増えれば、緩やかに時代は変わっていくだろうと思う。そして、新しく多様な生き方というものが生まれてくるに違いない。その中の一つの選択肢として、開発援助とか社会貢献の仕事というものがあったなら、それはそれで面白いと思う。多様な生き方や考え方の人がいれば、それだけ社会は柔軟になっていくはずだろう。世界は多様性で構成されているのだから、長い目で見たらそれが正しい帰結のはずだ。
[PR]

by aokikenta | 2008-12-26 07:18 | 日記(東京2)
2008年 12月 19日
hong kong monochrome
e0016654_1302531.jpge0016654_1303631.jpge0016654_1304750.jpg


→香港的夜景(2008年12月18日撮影)
[PR]

by aokikenta | 2008-12-19 01:34 | 日記(東京2)
2008年 12月 06日
戦士たちの貌:アフガニスタン断章
余り知られていないが、1988年にアフガニスタンのナンガルハル近くで、地雷を踏んで亡くなった南条直子(享年33歳)という写真家がいる。彼女は、日本では山谷の取材などをしていたが、インドに放浪旅行に行ってからパキスタン、アフガニスタンにのめりこんで行き、ムジャヒディンに同行してアフガニスタンの取材をして、本と写真集を出版した。

彼女はいつも怒っている。

私は真剣だった。そして、貧乏旅行者たちはみんな真剣だった。誰もが多かれ少なかれ、日本に帰ることを恐れていた。旅行中の感興など、日本に帰れば意味のないことを、心の底ではよく知っていた。日本でどう生きていけばいいのか分からない連中が多かった。そもそも自分がどう生きていけばいいのか知っている人が、この日本にどれくらいいるのだろう。
(P.10、南条直子『戦士たちの貌:アフガニスタン断章』径書房、1988年)

旅先で、どうしてアフガニスタンに行きたいのか、と質問されてこう答える。

「だいたい、どうしてアフガニスタンに行きたいの。あなたに何の必然性があるの。」そう言われて、私は黙り込んだ。一人の人間の必然性が、そんなに簡単に説明つくのか。そんなに簡単に尋ねられることか。
(P.22、同上)

どうして写真を撮るのか、自問自答してみる。

私が山谷に住んだのは、ただ人々の姿が絵になるからだった。チベットのラマ僧のように彼らには深く刻まれたしわは絵になる。どんなに群衆になっていても一人一人が、一人ずつの人間に見える。カメラを持ったらカッコイイ人間の写真を撮りたいじゃないか。
(P.282、同上)

多くの人が当たり前だと感じていることに対して、何かおかしいのではないかと思うこと。とても共感するし社会が柔軟性を保つ為にはそうした多様性は非常に重要なことだと思うのだが、社会のマジョリティーはそれに気がつかない。気がつかないどころか、あの人の言っていることは変じゃないかと後ろ指を差し始める。そして、マイノリティー側にいる人はマジョリティー側にいる人との間に距離を感じ、心を閉ざしていく。それに伴って、社会も閉塞化して、均一化してつまらなくなっていく。

彼女の本をもっと読んでみたいと思った。

出版されている南条直子の活字本は、この世に一冊しかない。
[PR]

by aokikenta | 2008-12-06 00:12 | 日記(東京2)
2008年 12月 04日
白夜行/幻夜
帰国してから、東野圭吾の「白夜行」と「幻夜」を読んだ。かなり分厚い本なので、けっこう前に買って読もう読もうと思っていたのだが、なかなか読み始めるきっかけがなく放置していた。一応、シリーズとして扱われるようだが、読み方によっては連続性があるようにも取れるし、反対に、全く別の小説としても読める面白い作品だ。

読んだことのない人もいると思うので内容は書けないが、「白夜行」の方は最初の話からクライマックスまで19年かかる壮大なストーリーで、読み終えた後にある種の達成感と切なさが残る。一方、「幻夜」の方は、登場人物の内面を描写しないハードボイルドなスタイルで書かれている「白夜行」の視点と少し違い、登場人物の性格が伺い知れる書き方や、登場人物同士の会話を中心とした人間同士のつながりが描かれていて、前作よりも人間に焦点が置かれている。

「幻夜」を読んだ後、多くの人は女性不信になると思う。また、世の中は正直に生きても報われないんだなと思ってしまう人もいるかもしれない。しかし、エンターテイメントとしてはとても面白い。

東野圭吾は書くのが早い。過去の作品数を見てみると、まだ若いのに相当数書いている。文豪と言われる夏目漱石や森鴎外などが一生のうちに残した作品は、東野圭吾などの流行りの小説家と比べて圧倒的に少ない。

そういう意味では、東野圭吾は音楽に例えれば、ヒット作をどんどん量産するポップ音楽プロデューサーのような存在かもしれない。反対に、今でも読まれる夏目漱石は、自分の内面を深く掘り下げた歌を歌うシンガーソングライターや真実を追求するアーティストに例えられるかもしれない。片方のファンからは、もう片方の作品は受け入れられなく、また逆のパターンもvice versaだ。そこの間には大きな溝が横たわっている。

重要なのは、50年後、100年後になっても、まだ多くの人に読まれているかどうかである。夏目漱石の小説は100年以上経った今でも幅広く読まれるし、ビートルズやレッド・ツェッペリンの歌も、50年近く経った今でも若者を熱狂させる。

今、本屋に平積みされている本の多くは、100年後にどれくらい広く読まれているだろうか。そんなことを考えながら本屋に並ぶ本を見てみるのもおもしろい。
[PR]

by aokikenta | 2008-12-04 01:13 | 日記(東京2)