<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2008年 03月 31日
『世界のなぞなぞ』写真掲載
日本に帰ってきたら大きな封筒が郵送で僕宛てに届いていた。
何かと思って開封してみると、一冊の本が手紙とともに入っていた。
そういえば、以前、写真提供の依頼を今人舎という出版社の方から頂いて、承諾をしたことがあった。
その時の本が出版されたので送りますというお礼の手紙が、写真の載った本とともに入っていたのだった。
12ページ目に僕の写真が載っていた。うーん、嬉し恥ずかしですね。
載ったのは『世界のなぞなぞ:世界のことばあそび1』という本で、載った写真はイラン旅行の時に撮影した水タバコを吸うおじさんの写真です。
最後の写真提供欄に「青木健太」と入っているのがすごく嬉しかったです。
今人舎さん、ありがとうございました!

e0016654_16182817.jpg

↑水タバコを吸うおじさん。テヘラン駅で警察官にナンクセつけられてイライラしながら歩いている所を、優しく呼び止められて入ったチャイハナにて撮影。
[PR]

by aokikenta | 2008-03-31 16:27 | 日記(イスラマバード)
2008年 03月 28日
桜(ウチの近く)
e0016654_17294710.jpg

[PR]

by aokikenta | 2008-03-28 17:37 | 日記(イスラマバード)
2008年 03月 24日
日本一時帰国
パキスタンを少し離れて日本に帰ってきた。
4月の上旬まで日本にいる予定。
イスラマバードは半袖で過ごせるくらいの陽気になっているので、
日本に帰って来ると結構肌寒く感じる。
早速、家に帰って納豆を食べた。
やっぱり、うまい・・・。
今回の帰国はちょうどタイミングよくお花見の季節だ。
久しぶりに日本の桜が見られるかな?
[PR]

by aokikenta | 2008-03-24 19:58 | 日記(イスラマバード)
2008年 03月 18日
ちょっとだけアップデート
最近の状況を少しだけアップデート。

誕生日パーティー
誕生日の翌日に、友人たちがサプライズパーティーを開いてくれた!
中央アジア料理屋さんで、美味しい料理を堪能させて頂きました。
感謝しても感謝しきれません・・・。
集まってくれた人たちに、ありがとう!

マリー訪問
かれこれ約2週間前だけど、仕事でマリーという車で2時間強の場所に行ってきた。前々回に更新した「Murreeちゃん」というのは、この街の名前のことだ。パキスタンの田舎は日本の田舎みたいで、村の道のはずれの風景や、特に、杏(あんず)の花が咲いている様子はやけに日本のことを思い出させる。村の子供に付いて山の中を少し歩いたけど、子供はとっとことっとこ先を歩いていってしまって、少し歩いては僕らのことを待っているという感じだった。やっぱり慣れというのはすごい。

ムービーナイト
毎週金曜日の夜に、仲間達と集まってムービーナイトや食事会を開催している。
プロジェクターもなんとか調達して、白い壁に映画を映してみるのは気持ちいい。
先週は、友人が日本食の手料理を9人分も作って振舞ってくれた!準備だけで大変だ。
これまた感謝です。

イスラマバードサッカー部
サッカー部のキャプテンが仕事の都合で離任することになって、キャプテンが交代した。
それで、何故かわからないが、僕は副キャプテンをすることになった。
練習メニューを考えなくては・・・。
ちなみに8チームが集まってスポンサー付きで行われるネスレカップという大会は、
先週の土曜日に予定されていたのだが延期になってしまった。残念。

アフガン新年
3月20日はナウルーズというアフガン新年だ。
ミラド・ナビとEducation Dayとくっついて3連休か4連休になりそうだ。

大使公邸で食事
わけ合って、大使公邸で食事をさせていただくことになり、末席を汚した。
食事は素晴らしく美味しかった。スーツがないのでクルタ(パキスタンの伝統衣装)を上に着て行って来た。
こういう土地柄だからacceptableでしょう(だといいけど)。


うーん、ちょっと疲れ気味。
[PR]

by aokikenta | 2008-03-18 02:22 | 日記(イスラマバード)
2008年 03月 16日
Luna Caprese爆弾テロ事件
昨日の夜、イスラマバードにあるイタリアンレストラン『Luna Caprese』で爆弾テロがあった。報道によれば、少なくとも1名死亡、10名以上が負傷したようだ。負傷者の中にいた日本人ジャーナリストの方は先日お会いした方だったので安否が心配だったが、ニュースを見たら命に別状はないということだったので一安心した。このレストランはF-6マーケットの目の前にあるよく外国人が利用するレストランで、僕も利用したことがあったので、イスラマバードでこんなに近くでテロが、とニュースを聞いて驚いた。アフガニスタンでもパキスタンでも、以前はターゲットにならなかったような場所が標的になって来ていて、タリバンがセレナホテル襲撃後に声明を出したような格好で、テロの作戦が緩やかに変わりつつあるのを感じる。取り合えず、僕は生きてます。アルバニアの爆発事件は大きかったけどテロじゃないみたいだ。Stockpile Destruction中の事故ということなのだろうか。200人以上負傷というのは凄い。
[PR]

by aokikenta | 2008-03-16 12:20 | 日記(イスラマバード)
2008年 03月 08日
没(ボツ)になった写真たち
圧縮して© kenta.aokiというクレジットを入れて、さてブログに載せようと思ったはいいものの、載せる直前になってやっぱり何らかの理由があって掲載するのをやめたいくつかの没(ボツ)写真がある。理由といったって明確な理由があるわけではなく、似通った写真を前に載せたから、ピントが合ってないから、同じテーマでもっといいのが撮れそうだから、などなどそれぞれ様々だ。でも、デスクトップにある没写真フォルダーの中でこのままひっそりと眠っているのも可哀そうなので、思い立ったが吉日、この機会に日の当たる場所へ連れて行ってあげようと思う。有名じゃないけどコアなファンの間では評価が高いB面の曲ばかりを集めたアルバム、OASISで言えば『The Masterplan』、Mr.Childrenで言えば『B-SIDE』、あるいはシングル『旅立ちの唄』のカップリング曲『羊、吠える』みたいな写真たちです(案外、B面の曲っていい曲が多くない?特に、『The Masterplan』に入っている1曲目の”Acquiesce”と、7曲目のビートルズの”I Am the Walrus”のカバーは好きだ)。





e0016654_1457816.jpg

(没理由:パキスタンは革製品が有名だからかどうかは知らないが、イスラマバードには路傍でくつみがきをしている人がやたらと多い。人々が行き交う雑踏の中で、淡々と靴を磨き続ける姿は、黒澤明の『生きる』に通じるものがあるような感じがしたので撮影した。しかし、物乞いの背中を撮影した別の白黒写真の方が同じテーマをもっと上手く伝えられていると思ったので比較した結果、こっちの方を没にした。)





e0016654_14573313.jpg

(没理由:このミシンはアフガニスタンで行った裁縫の職業訓練事業の時のミシンにそっくりだった。おじさんもいい雰囲気を出しているので、働く人の一コマとして載せようと思ったが外が暗かった為シャッター速度が遅くなりブレたのと、表情がよく映っていないので没にした。)





e0016654_14575791.jpg

(没理由:パキスタンの装飾が派手なデコトラは有名なので、一度いい写真を撮って載せたいと思っていた。しかし、この写真はピントが合っておらず、また、移動中に撮影した為、ブレてしまったので没にした。今度こそはもっといい写真を!)





e0016654_14583530.jpg

(没理由:撮らせてくれ、と言ったらいいよというのでシャッターを切ったが、視線をレンズに向けてくれなかったので没にした。目を反らしているので、逆に「肉屋の孤独」的テーマを漂わせているようにも受け取れるが、それはこちらの意図とは全く違う偶然の産物だ。)





e0016654_1459697.jpg

(没理由:銀行のガードが撮ってくれというので撮影。よく撮れているが変哲もないので没にした。日常の一ページという意味では、案外こういう写真の方が伝わるものがあるものなのかもしれないけど。)





e0016654_14592879.jpg

(没理由:礼拝の様子は写真でどうしても収めたいのだが、真剣にお祈りをしている姿を前からバシバシ撮影するのはどうしても憚られてしまい、どうしてもまともな写真がない。これは、バザールにある礼拝用スペースで行われていた礼拝の様子だが、後ろからの撮影だし、きっともっといい写真が将来撮れるはずだと思って没にした。)


ボツにすると決めたのだから出さない方がいいのでは、という気持ちが拭えないので、今後この企画をやることは多分もう二度とありません。あしからず。
[PR]

by aokikenta | 2008-03-08 15:12 | 日記(イスラマバード)
2008年 03月 07日
パキスタンで僕が見ているもの(Murreeちゃん空を飛ぶ、しかも中空を漂う感じで、編)
e0016654_1361389.jpg






e0016654_1365684.jpg






e0016654_1373522.jpg






e0016654_1381236.jpg






e0016654_1384823.jpg






e0016654_1392515.jpg






e0016654_131033.jpg






e0016654_13103958.jpg






e0016654_13114174.jpg






e0016654_13122886.jpg

[PR]

by aokikenta | 2008-03-07 13:15 | 日記(イスラマバード)
2008年 03月 05日
パキスタン政治分析
パキスタン憲法・軍事独裁政権・文民統制
パキスタンの憲法には大統領が自由裁量で議会を解散することができると書いてある、と前にこのブログで書いた。スタッフに聞いてみたら、その条文はパキスタン国憲法58条2項b号が元になっているのだという。調べてみると、憲法58条2項b号にはこう書いてある。

(英語)
58. Dissolution of the National Assembly.
(2) Notwithstanding anything contained in clause (2) of Article 48, the President may also dissolve the National Assembly in his discretion where, in his opinion,:
(b)
a situation has arisen in which the Government of the Federation cannot be carried on in accordance with the provisions of the Constitution and an appeal to the electorate is necessary.
(翻訳)
58条 下院議会の解散
(2) 48条(2)項に含まれているいかなる内容にも関わらず、大統領は下記のような自由裁量の範囲内で、自分の意見で持って、下院議会を解散させる事ができる:
(b) 連邦政府が憲法で定められている通りには運営されることができず、また、有権者への説明が必要である状況になった時

上の条文に出てくる48条2項には、こう書いてある。

(英語)
48. President to act on advice, etc.
(2) Notwithstanding anything contained in clause (1), the President shall act in his discretion in respect of any matter in respect of which he is empowered by the Constitution to do so [26A][and the validity of anything done by the President in his discretion shall not be called in question on any ground whatsoever].
(翻訳)
48条 助言に基づく大統領の行動について
(2) (1)項に含まれているいかなる内容にも関わらず、大統領は、憲法によってそうするよう権限を付与された如何なる問題においても、自由裁量の範囲内で行動するものとする(また、大統領が自由裁量の範囲内で成された事柄の有効性については、如何なる背景があろうとも不問に付されるものとする)。


パキスタンは軍事独裁政権(military dictatorship)である、とパラパラと新聞や本なんかを見ていると書いてあって、果たしてそれは本当なのだろうかと思っていたが、これを読んでみると大統領に多大な権限が付与されているという事実に間違いはなさそうだ。国会というのは大抵どこの国でも、上院と下院あるいは参議院と衆議院に分けるなどして、どちらかが監視の役目を果たし、容易に法律が制定されたりしないようお互いに牽制が働く仕組みになっている。パキスタンの議会も上院(Senate)と下院(National Assembly)に分かれていて、それに大統領(President)を加えたものが国会(Parliament)を構成している。今の状況だと、下院の議席獲得政党第一位のPPPと第二位のPML-Nが連立する事になっているので、そのどちらかの政党から首相(Prime Minister)が選出される事になっている。

国会の構成についてはよくわかるのだが、大統領と首相が共存している仕組みと言うのが日本人の僕としては、感覚的にイマイチよくわからない。議員内閣制度と大統領制度が並立しているのだろうということは頭ではわかるのだけど、じゃあ、単純に言って大統領(President)と首相(Prime Minister)ってどっちが偉いの?という子供みたいな素朴な疑問を思わず持ってしまうのは僕だけだろうか?パキスタンでは、1999年のクーデター以来、大統領の権限の方が強かった。パキスタンの首相が日本では全然有名ではないという事実は、それを裏付けていたと言えるかもしれない。ムシャラフ大統領は、これまでの所、パキスタンで最も権力を持っていたわけだ。しかし、状況は緩やかに変わろうとしている。

権力(Power)には様々な物が含まれるだろうが、その中でもおそらく最も重要なものの一つは軍事だろう。軍事クーデターで政権が成立している現在のパキスタンでは、今後、文民統制(civilian control)の制度をどうやって構築していくのかが非常に重要だと思う。日本の場合だと、自衛隊の制服組のトップは統合幕僚長だが、最高指揮官は内閣総理大臣になっている。つまり、内閣総理大臣の指令がなければ軍人だけでは軍隊を動かせないよう、文民が統制する仕組みになっているのである(ちなみに内閣総理大臣は文民しかなれないように憲法に書かれている)。だから、自衛隊や防衛大学の主要な行事には必ず内閣総理大臣が出席することになっている。

パキスタンでは文民による軍隊の統制はない。国民の代表者の集まりである議会には軍隊を動かす権限が付与されておらず、陸軍のトップである陸軍参謀長がその権限を持っているのである。昨年11月までは、ムシャラフ大統領が陸軍参謀長を兼任していたので大統領が実質的に軍隊のコントロールをしていた。しかしながら、現在のパキスタンでは、ムシャラフ大統領がキアニ将軍へ権限を委譲した為、組織図的には軍隊への指示を出す権限はムシャラフ大統領ではなく、キアニ将軍が持っていることになっている。もちろん、ムシャラフ大統領はアドバイスや提言をする事は可能であり、キアニ将軍はムシャラフ大統領の椅子を譲ってもらった上下関係があるので、実質的にはムシャラフ大統領がまだ強い権限を持っていると言っても過言ではない。加えて、上で書いた憲法58条2項b号がまだ有効なので、やはりパキスタンは民主主義を目指していながらも、まだ軍事独裁の政治体制から完全に脱却できていないという移行期的状況にある。
(憲法58条2項b号を改正する為には、最高裁[Supreme Court]の判断が重要なのだが、ムシャラフ大統領は昨年、最高裁長官を解任して自分に有利な人間をその椅子に座らせてしまった。それにより、大統領が議会の解散権を保持し、権力を維持し続ける事ができるようにしている。反ムシャラフ派は、解任された最高裁長官の復帰を強く望んでおり、昨日、最高裁の前を通ったら大勢の人がプラカードを抱えてデモを行っていた。)

頭の中にある理想とそれ故のジレンマ
Emma Duncanの”Breaking the Curfew”の一節にこういうのがあった。

“Pakistan’s strange origins have given it a tendency to national self-analysis which initially attracted me to the place. A country based on an idea has an ideal, however confused that may be… it was a wider sense of betrayal, of having been cheated on a grand scale.”
(パキスタンの特異な起源は、パキスタンの人々に自己分析能力というもの[私がパキスタンに惹きつけられた理由だが]を与えた。理想(アイデア)によって成立した国家は、理想像(アイデアル)を持っている。それが、例えどれだけ困惑させるものであったとしても。・・・(中略)・・・[反対に、理想が達成されない場合には]それは、広い意味での裏切り、つまり、ものすごいスケールで皆が騙されたというレベルの失望がある。)

パキスタンはイスラムを核とした国家樹立という理想によって1947年に成立し、1989年にEmma Duncanがこの本を書いた時点では少なくともその理想を人々は共有していた(そして、それから約20年経つ2008年現在も状況がさして変わっているとは思えない)。つまり、理想に魅せられて集まった人々が作った国だけに、他の誰よりも明確な理想像が人々の頭の中にあるということだ。それは、裏を返せば、パキスタンの人々それぞれが、理想どおりに行かなければ、これ以上無いくらいに落胆し失望しやすい傾向を持っているということでもある。政治家は軍隊が上手くいっていないといってなじり、軍隊は政治家は腐敗しているといって批判する。ビジネスマンは役人を非効率的と嘆き、役人は政治家がよくないから国がよくならないとぼやく。異様に自己分析能力が高くて理想が高いのがパキスタン人と言えるかもしれない(もちろん一般化は出来ない)。

民主主義を目指しながらも軍事独裁政治から完全には抜け切れていない現在のパキスタンが置かれている微妙な立場というのは、軍事が幅を利かせざるを得ないという現実(real)と向き合いながらも、頭の中にある民主主義という理想像(ideal)に向かって行こうという欲求の、相反する2つの要素が衝突しせめぎ合っているパキスタン人の内面の葛藤を如実に表していると言えるかもしれない。独立して60年、比較的新しい国家であるパキスタンは、現実と理想の間のジレンマ、政治腐敗、多民族性と国民意識形成の困難、地理的位置、インドとの関係、「テロとの戦い」への貢献、アメリカへの追従、イスラム過激派等々、目の前に山積みの問題を抱えている。パキスタンという国は、還暦を迎えたばかりのたった60歳の国なのだ。大局的に見れば、これからパキスタンが安定した国家運営をする事ができるようになる為には、右へ左へと紆余曲折しながら、50年、100年のスパンで見ていったほうがいいだろう。ゆっくり時間をかけて徐々に理想に近づく以外、国家の建設に特効薬はない。

(参考)
The Constitution of the Islamic Republic of Pakistan, http://www.pakistani.org/pakistan/constitution/
Emma Duncan, "Breaking the Curfew"
[PR]

by aokikenta | 2008-03-05 18:43 | 日記(イスラマバード)
2008年 03月 03日
29歳になりました
3月2日は29回目の誕生日でした。と言っても何かお祝いをするでもなく、アフガニスタンは日曜日が平日扱いでパキスタン事務所もそれに合わせているので、フツーに仕事をしていました。28歳から29歳になるというのは、人によって違うかもしれないですけど、そんなに大きな感慨はないものなのかもしれません。でも、28歳の一年間を振り返ってみるとそれなりに色んな事があったなぁと改めて思います。身の回りで一番大きな変化は、やはり住む場所がアフガニスタンのカブールからパキスタンのイスラマバードに変わったことでしょうか。物理的に活動拠点が変わったというのも大きいですが、カブールを出る時はちょっと感傷的な気分に陥っていたので、そちらの面でも大きな変化だったかなという気がします。とは言いつつ、今は逆に色んな勉強をさせてもらっています。自分の力を超えた大きなものによって作り出された流れではありますが、その流れに一般方向としては身を任せつつ、同時に、自分を中心としたうず潮を作り出しながら、時間をかけて最終的にはまだ誰も知らない新しい地平に辿り着ければいいなぁって思います。色んな形でお祝いのメッセージを下さった方々、ありがとうございました!これからも、僕は僕のリズムを刻み、僕は僕のメロディーを奏でて行きます。どうぞ宜しくお願いします。
[PR]

by aokikenta | 2008-03-03 04:14 | 日記(イスラマバード)
2008年 03月 01日
街角の風景(2) - ひげとタバコ、ボイン(それはない)、ダール、ナン屋さん等
e0016654_18333310.jpg






e0016654_1834433.jpg






e0016654_18342966.jpg

[PR]

by aokikenta | 2008-03-01 18:36 | 日記(イスラマバード)