<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2006年 11月 28日
仕事と興味が一致すること
 プロジェクト開始準備で慌しい日々を送っている。朝から晩までプロジェクトの事ばかり考えているので、他の事に時間をあまり費やせないでいるが、今は大事な時期なのでそれで良いと思う。

 大学受験の時、僕は社会学を勉強したいと思っていたので、社会学部がある大学をいくつか受験しようと考えていた。しかし、志望する学部が、法学部と経済学部と文学部という人がクラスの中に沢山いた。法律と経済と文学という非常に関連性の薄い学問を同時に志望する興味の範囲の広さに、尊敬と畏怖の眼差しを送りつつも心の中で抵抗を感じていた。

 就職活動の時、僕は貿易関連の仕事をしたいと思っていたので、商社や物流業界に応募していたのだが、商社と損保と銀行とIT関連などを同時に志望する人が周りに沢山いた。一体、商社と損保の間にどんな関連性があるのかと、首をかしげていた。

 仕事に何を求めるのか。答えは人それぞれだと思う。仕事の内容は何でもいいから、とにかく条件が良くて社会的地位の高い一流企業に入りたいと思う人もいるだろう。人間というのはいつも人に認められたいという欲求がある。社会的認知欲とでも言おうか。だから、その欲望を満たしたいという気持ちもよくわかる。そうした気持ちが、一流大学であれば学部は何でもいい、有名企業であれば業務内容は何でもいいということにつながっていくのだと思う。

 逆に、やりたい仕事の内容を重視して、条件やネームバリューで会社を選ばない人もいるだろう。人生の大半は仕事をしているわけだから、仕事場が自分の能力を活かしながら自分を表現できる場所、あるいは自己実現の場でなければ結局は虚しいと僕は思う。明日人生が終わるという時に、何だかなぁ、と後悔は決してしたくないのだ(アフガニスタンにいると、時として死を身近に感じる事がある。死について考えるという事は、生について考えるという事だ)。

 そういうわけで、仕事に全ての時間を取られながらも充足感を感じていられるのだと思う。ようやく冒頭の文章につながったところで、おしまい(更新があまりされていなかったらごめんなさいという意味もある)。
[PR]

by aokikenta | 2006-11-28 01:49 | 日記(カブール)
2006年 11月 24日
写真という表現手段
 プロジェクトの立ち上げ期でやるべき事が山積しているのだが、時間の合間に買ったばかりのカメラで遊んでいる。まだまだ勉強不足なのだが、どうやったら面白い写真が撮れるかなぁと、構図や被写体などを考える時間が楽しい。これから、カメラが良い息抜きの道具になりそうだ。

e0016654_21394056.jpg

↑お気に入りのブルーの入れ物と帽子

e0016654_21424687.jpg

↑この少年は、カメラを向けるといい表情やポーズをしてくれた

 自分の思っている事や考えている事を表現することは、他者との関わりの中で生きていく人間にとって、とても重要な事だ。得意な表現にも色々あって、文章が得意な人もいれば、写真が得意な人、音楽が得意な人もいて、あるいは、サッカーや野球などのスポーツや、ダンスを表現の手段にする人もいる。人それぞれ生まれながらの適正があるし、後天的な訓練による嗜好の違い、好き嫌いもある。カメラが自分に合っているのかどうかはわからないが、この機会に少し勉強してみようと思う。
[PR]

by aokikenta | 2006-11-24 21:48 | 日記(カブール)
2006年 11月 23日
雪山
 カーブルは大分寒くなっていて、日中は東京とさほど変わらないが、朝晩は標高が高いためかかなり冷え込む。遠くに見える山の頂は、もうすっぽりと雪を被っている。

e0016654_2152641.jpg

↑土壁を補修する労働者と雪山。

e0016654_215451100.jpg

↑公園を掃除するおじさん。外での作業には厚着が必要だ。

 新しく買ったカメラをまだまだ使いこなせておらず下手くそなのだが、写真を徐々に載せていこうと思っているのでお付き合い頂ければ幸いです。
[PR]

by aokikenta | 2006-11-23 21:58 | 日記(カブール)
2006年 11月 22日
読売新聞掲載
 こちらに戻ってきてから外出が多く、またやるべき事務仕事もあるので時間がなくなっている。そんな中、11月21日の読売新聞朝刊に僕のやっている活動が紹介された。コメントが掲載され、更に撮影した写真も掲載されていたので、大変嬉しく思うと共にとても励まされた。

e0016654_1991219.jpg


 最後のコメントは「地雷をなくすというだけでなく、現地の人たちに、自分たちでやっているという参画意識をもってもらい、自立を促す狙いもある」と掲載されているのだが、僕としては伝えたかった要点と記載内容が若干異なっていたので率直に言って少し残念に思った。今回のプロジェクトでは、元兵士を地雷除去員に雇っているということで、雇用の創出が彼らの軍閥への出戻りを防ぐ意味がある、従って、地雷除去+紛争予防(平和構築)の要素のあるプロジェクトだ、という事を言ったつもりだった。日本はアフガンでDDRを主導した実績があるので、そういった意味でも平和創造から平和構築への連続性があるプロジェクトだということが言いたかった、のだが。

 もう少し踏み込めば、元兵士が自分で埋めたかもしれない地雷を、命の危険を冒しながら取り除いていくという作業は、体を張った謝罪でもあるとも言える。謝罪というのは、紛争によって関係が分断された社会が復興していく過程において、非常に重要な要素だ。元兵士という、社会を分断した側とも考えられる人間が、一つ一つ地雷を取り除いていくということは、分断された関係を修復していく為にとても重要だと個人的に思うのだ。しかし、これは取材の時間があまりなくて話さなかった。思うことを表現するのは難しいもんだ。話すより書く方が慣れているから、特に取材は難しい。

 YOMIURI ONLINEからも見ることができるので参考までに。
[PR]

by aokikenta | 2006-11-22 19:09 | 日記(カブール)
2006年 11月 20日
2ヵ月半ぶりのアフガニスタン
成田→名古屋→ドバイ→カーブルという順路で、2ヶ月半ぶりにアフガニスタンへ戻って来ました。長い空白期間があったけど、やっと現場復帰することが出来て言葉に表せない気持ちです。やることは沢山あるけど、明日からまた頭を切り替えて仕事だ!
[PR]

by aokikenta | 2006-11-20 02:53 | 日記(カブール)
2006年 11月 18日
てふてふが・・・
てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った
            (『春』 安西冬衛作)
[PR]

by aokikenta | 2006-11-18 12:51 | 日記(カブール)
2006年 11月 15日
『アフガニスタン駐在日記』のはずなのに・・・
我がblogながら、東京にいる間は文章ばっかりだな・・・。ただでさえ写真が少なくなっているのに、しかも、ここ2ヶ月で掲載したのは、台湾で撮った写真と、中野のレストランで食べたカラヒの写真と、寿司刺身の写真だけだ。このままでは『アフガニスタン駐在日記』というタイトルすら怪しい・・・。もし、このblogが人間であったなら、アイデンティティー・クライシス(自己同一性の危機)に陥り、虚無感と喪失感に苛まれているかもしれない。ごめんな、我がblog。少し反省。
[PR]

by aokikenta | 2006-11-15 23:08 | 日記(カブール)
2006年 11月 13日
紆余曲折を経て
 紆余曲折ありながらも、ようやくアフガニスタンへ戻れる事に決まった。今週末出発予定。「戻ると決まってどんな気持ち?」と聞かれて、「嬉しいです!」と即答しているので同じ団体の人からですら変人扱いをされている。

 世の中にはまっとうな人もいれば変な人もいて、そうしてなんとかバランスが保たれているのだ。変な人たちが過半数になってしまえばもはやそのグループはまっとうな人たちになってしまい、まっとうな人たちが少数派になればその人たちは変な人と呼ばれるのである。だから、僕みたいな人もいなければならないし、世間で「変わっている」というラベリングをされている人も存在しなければならない。世間に存在するいわゆる主流とされている物や人や価値観なんて、それくらい曖昧で怪しいものなのだ。あまり信用するべからず。自分が正しいと思ったことをやれば良い。

 自己管理や情報収集など現地では対策をしっかりとり、健康や治安には充分気をつけて活動したいと思う。
[PR]

by aokikenta | 2006-11-13 23:13 | 日記(カブール)
2006年 11月 11日
ラジオ出演終わった!
 昨日のラジオ番組『MORNING JACK』の中での10分前後の電話インタビューだが、なんとか無事に終えることができた。思ったように話す事ができなかった部分も多々あり反省している。こう返したらよかったなぁ、とか、こんな話しをしたらよかったかなぁなどと後になってシュミレーションをして悩んだりする。しかし、ラジオに出るのなんて初めてなので、最初から上手くいく方が珍しいのだ。今更悩んでも過去は変わらないので、今回の反省を次回に生かしたいと思う。『MORNING JACK blog』の方にも『アフガニスタン駐在日記』へのリンクを貼って頂いて、ありがたい話しだ。ZIP-FMには、現場で感じた事を発表できる場を提供してもらえたことに感謝している。
[PR]

by aokikenta | 2006-11-11 01:15 | 日記(カブール)
2006年 11月 08日
ZIP-FM出演
突然ですが、ラジオ番組に出演する事になりました。電話インタビューが約10分間、生放送される予定です。アフガニスタンでの生活の事、地雷の事などについて話すつもりにしています・・・が生放送なのでどうなることやらやってみないとわかりません。東海3県(愛知、岐阜、三重県)のみの放送となりますが、もしご都合が合えばお聴き頂ければ幸いです。

日時:2006年11月9日(木)午前8時~8時10分(約10分間)

番組:『MORNING JACK
    毎週月曜日~木曜日、朝6時~10時放送 
    DJ:落合健太郎

出演コーナー:「TOYOTA WORLD WIDERS」
    海外で活躍する人の話を聞くコーナー(番組HPより)

放送局ZIP-FM(77.8MHz)

放送対象地域:愛知、岐阜、三重県

(了)
[PR]

by aokikenta | 2006-11-08 13:36 | 日記(カブール)