2008年 06月 03日
サマータイム
2008年6月1日~8月31日の3ヶ月間、パキスタンではサマータイムが導入されることになりました。
これまでGMT+5(日本はGMT+9なので時差4時間だった)のですが、この期間は、GMT+6(日本との時差3時間)になります。

色んな人と会話してても、何時に会おうと約束する時には「新しい時間で!」と強調する必要があるので、当分はある程度の混乱が予想されます。

デメリットもありますが、確かに、夜8時近くになっても明るいのは嬉しいですね
(夜8時というのは、5月31日以前の時間で言えば夜7時のことで、それくらいに日没があるのです)。
サマータイムのおかげで、朝起きた時間から晩御飯を食べ終わる時間まで、太陽が出っぱなしでちょっと贅沢な気分です。
全体的に見て、社会的にメリット・デメリットどちらが大きいのでしょうか。
日本にはない制度なので、よく見てみようと思います
(イギリスにあったかどうかは、もう忘れてしまいました・・・)。
[PR]

by aokikenta | 2008-06-03 03:05 | 日記(イスラマバード)


<< 在パキスタンのデンマーク大使館...      マンゴーの季節 >>