2008年 05月 09日
砂嵐
イスラマバードはもう冷房がないと生活できないくらい暑いが、
カブールは長袖で丁度いいくらいの涼しくて過ごしやすい天気だった。
こっちに来て、気温以上に影響を受けるのは空気の乾燥だ。
唇がカピカピになるし、肌が乾くし、ネスレの1.5リットルのペットボトルのミネラル・ウォーターも、
空けてからすぐに飲み干してしまった。全然イスラマバードと違うことをあらためて体感した。

夕方、風が強いなぁと思って外を見たらものすごい砂嵐だった。
砂漠の砂嵐作戦は湾岸戦争の時の作戦名かもしれないが、ロシアもイギリスも
旧ソ連も、そしてアメリカも?、アフガニスタンがどんな超大国も追い返すことが出来た
要因の一つには、この国の自然の厳しさも少しは影響しているかもしれない。

e0016654_1373264.jpg

↑夕方、砂嵐に襲われるカブールの街
[PR]

by aokikenta | 2008-05-09 01:51 | 日記(イスラマバード)


<< そこにいる人、そこにあるもの      世界の果て >>