2008年 04月 10日
イスラマバードに戻りました
昨日、成田空港を出発してバンコクを経由、ラホールで一泊して、
今日の午前にパキスタンのイスラマバードに戻ってきた。

バンコクでは乗り継ぎの待ち時間にマッサージに行き、
日本レベルのお寿司まで食べて快適に過ごしていたのだが、
ラホールに着いた時に、あぁ戻ってきたのだということを妙に実感した。
なかなかやって来ない空港ホテルの送迎タクシー、車内でかかる大音響の民族音楽、
割り込み・クラクション・パッシングがタペストリーを織り成す道路、貧弱なコンクリート打ちのホテル、
部屋に備え付けられたなんとなく頼りない全ての調度品、くたびれた部屋の内装、
お湯の出ないシャワー・・・。
案の定、今日の朝6:45にお願いした送迎タクシーは30分以上遅れてやってきた。

去年、アフガニスタンからパキスタンに来た時、パキスタンはなんて素晴らしいんだと書いたが、
やっぱりあの時思った「物事の相対性」という分析は正しかったような気がする。
感じ方が、あの時と今ではやはり大きく違っている。
人間の感覚なんて、その時々の状況に左右されるいい加減なものなんだな。

日本でいっぱい休んだし、またちゃんと仕事をしていかなくちゃ。
適当に的確に、遊びを持ちつつぼちぼちやっていこうかな。

e0016654_224222.jpg

↑成田~バンコク間の飛行機から撮影。
[PR]

by aokikenta | 2008-04-10 02:40 | 日記(イスラマバード)


<< 物事の本質を見る眼      桜(四ツ谷) >>