2008年 02月 15日
Updates
2月10日~13日までの4日間カブールに出張で行っていた。
この1週間やたらとやる事が多くて、ブログの更新が滞っていたが、少しだけupdateしておこう。

デンマークの預言者ムハンマド風刺画再掲載
2年前にイスラム世界で大きな反発を引き起こした預言者ムハンマドの風刺画がデンマークで再掲載されたらしく、ここパキスタン・アフガニスタンでもデモが予想されている。事の発端は、問題となっている風刺画(預言者ムハンマドが爆弾付きのターバン?を巻いているような絵らしい)を書いた漫画家を殺害しようとしたチュニジア人とモロッコ人が逮捕された事件で、それをきっかけに各紙が一斉に再掲載をしたということだ。明日は金曜日なので、イスラム教国では午後から集団礼拝が行われる。その時にムッラーが大衆を煽動してデモを起こす可能性があるのではないかと思う。明日はなるべく外出を控えよう。

ノルウェー大使館閉鎖
在アフガニスタン・ノルウェー大使館が閉鎖されたらしい。理由は明確には公表されていないようだが、セレナホテル襲撃事件の際にノルウェーの外務大臣が宿泊していたことが影響しているのは間違いないだろう。何故か、話題がスカンジナビア半島続き。

在アフガニスタン・パキスタン大使誘拐
一昨日に、在アフガニスタン・パキスタン大使が両国の国境付近で誘拐された。大きなニュースになると思ったが、こちらではあまり騒がれていない。理由はよくわからないが、誘拐が発生したのがパキスタン国境側なので、自分の国の問題だからパキスタン当局としても騒ぐに騒げないのだろう。これがアフガニスタン側で発生していたら、両国の関係は著しく悪化していたかもしれない。パキスタンのアフガニスタン国境付近は、パキスタン政府の力が及ばないと言われる部族地域で、親タリバンが多い地域だ。しかし、本当の所、アフガン/パキスタン国境というのはどのような状況になっているのだろう?アフガニスタンのパクティア州の右側はほとんどパキスタンに接しているが、その距離は日本の縦側くらいの長さがあるらしい。とても7・8万人の軍隊の国で管理しきれる距離ではない。もともと人工的に引かれた国境線だから、実際に行ってみたら単なる山の中で国境なんてどこにも目に見えないのだろう。

パキスタン総選挙
今年の1月8日に予定されていたけれど、12月27日のブットー暗殺で延期されていた総選挙が、2月18日(月)に行われる。街ではポスターがあちらこちらに貼られていて、道では外宣車が走り回っている。1999年にクーデターで政権を手に入れたムシャラフ大統領が再び政権を維持できるのかどうかが焦点で、野党のPPPはブットー暗殺以降、人気を上げているらしい。しかし、暗殺から約2ヶ月が経ち、ニュースの衝撃が1月8日時点よりも薄れているので、どこまで追い上げられるのかはわからない。選挙を延期させたのはムシャラフにとって吉とでるのだろうか。

ちなみに、街を歩いていると、「あれ、アフガニスタンの国旗?」と思うような赤と黒と緑色をした旗があちこちではためいている。なぜアフガニスタンの国旗がこんなに?と思ったが、よく見ると、色の順番が違って、アフガニスタンは左から黒・赤・緑なのだが、その旗は赤・黒・緑の順番になっている。あれはなんの旗なのかと思ってスタッフに聞いてみたら、PPPの旗なんだって。遠目から見たらそっくりな旗で紛らわしい。

e0016654_093429.jpg

→ちょっと見えにくいが、街灯にある看板の下にぶら下がっているのがPPPの旗です
[PR]

by aokikenta | 2008-02-15 00:13 | 日記(イスラマバード)


<< タキシラ遺跡、イラン戦、カブー...      僕は今日、とても哀しい光景をラ... >>