2008年 01月 13日
イスラマバードサッカー部初参戦
パキスタンで初めて週末っぽい週末を過ごした。水曜日に到着して、木曜日・金曜日と溜まった仕事をして疲れていたので、土曜日の今日は思いっきり休むことにした。最近、写真を全然撮っていなくてフラストレーションが溜まっていたので、小さいカメラバッグを肩から下げて、アフガンで使っていたデザートブーツでイスラマバードの街をうろうろすることにした(イスラマバードは綺麗に舗装されているのでデザートブーツを履く必要は全くないのだが)。

適当に近くのバザールで肉屋と八百屋で写真を撮ってみる。「アサラムアライコム!」と笑顔で先制攻撃して、「Can I take a photo?」と言えば、大抵快く了承してくれる。パキスタンの街を歩いていて思うのは、道端の人がこちらをジロジロと見てくるということ。アフガニスタンでも外国人が外を歩くのは珍しいので見られることはあるが、パキスタンでの見られ方はアフガニスタンのそれの比ではない気がする。

・・・視姦ですか?

というくらい見られている気がする。これって単なる被害妄想か??しかし、「アッサラーム!!」と笑顔で先制攻撃するとすごく気持ちのいい返事を返してくれる。その次には、必ず「どこから来たんだ」と質問されるので、「日本からだ」と答えれば、「オー、ジャパン、グッド、グッド!」ということになり、例えばタクシーに乗っていて会話が途切れちゃったとしても、なんとなく気まずくない沈黙を保つことができる。ありがとう、自動車メーカー、電機メーカー、日本のこれまでの外交。

その後、F-7のJinnah MarketにあるSaeed Book Bankへ行って本を買った。買ったのは、

"The Reluctant Fundamentalist", Mohsin Hamid
"Small Arms - Over 250 of the world's finest personal weapons", Chris Chant

の2冊。小型武器の本は買う気があって本屋に行ったわけじゃなかったのだが、何故か武器関連の本が充実している上に安いので買うことにした。JANE'S年鑑とか買ったらこういう専門書は10万円くらいするところ、2,175ルピー(約4,000円)で購入。これは安いでしょ。

更に、F-6のSupermarket(これは固有名詞だ)にあるDVD屋で適当に3枚DVDを買った。"A Mighty Heart"を買いたかったのだが、在庫切れで売っておらず残念ながら手に入れることができなかった。面白いと評判なので見てみたい。

今日はこれでもまだ終わらず、午後からはイスラマバード・サッカー部の練習に参加してきた。1月2日にボールを蹴って以来、全く運動をしていなかったので正直動けるかどうか心配だったが、怪我もせず楽しむことができた。17,8人集まっていて8人くらいに分かれてミニゲームができた。フットサルコートの4倍くらいあるグラウンドなので結構疲れた。色々な人に挨拶できたし、出だしとしてはよかったのではないだろうか。来週はイングランドと試合らしい。この前は0-9で負けたとか。うーん、絶対勝ちたい・・・。火曜日くらいに一回ジョギングしておくかな。

はー、サッカーしてストレス発散、充実した土曜日。
明日は、アフガニスタンが平日なので仕事だ。

e0016654_23542621.jpg

→家の近くの肉屋さん。イードの時は、店の前の道路が鮮血で真っ赤に染まっていた。

e0016654_23551938.jpg

→同じく、家の近くの八百屋さん。アフガンの八百屋にそっくりだ。

e0016654_23555650.jpg

→絞首台に上がるのを待つ鶏。頼めば、その場で締めてくれるのだが、最初はちょっと生々しくて抵抗があった。
[PR]

by aokikenta | 2008-01-13 00:04 | 日記(イスラマバード)


<< イスラマバードはArtific...      「/(スラッシュ)」をいつも心... >>