2007年 12月 03日
退避勧告下のアフガニスタン・リポート⑦ 軍事編
アフガニスタン国軍が規模を3倍にするというニュースが、今日のBBCに載っていた。

BBC NEWS / South Asia / Afghan army to 'treble in size'

GeneralのMohammad Zahir Azimi氏によれば、ボン合意で計画していた7万人という目標は今年中に達成できる見込みだという(現在は約57,000人と言われている)。
それを将来的には20万人に増やしたいということらしい。

目的としては、
1.イラン・パキスタンなど隣国からの干渉・脅威に備えて
2.アフガニスタン国内の治安向上
3.駐留外国軍よりもコストが安くなる為
などが挙げられている。

日本の場合、平成19年度の防衛白書によると、2007年3月31日現在の自衛官数は251,222人(陸自約16万人、海自約4万5千人、航空約4万5千人)いるというから、日本の自衛隊隊員数に近い数字になるということだ。

同じような記事が今日のAfghanistan Timesにも出てて、米軍やISAF軍などの兵士1人を雇うお金でアフガン人兵士なら70人~100人雇えると書いてある。独自に円滑で効率的な軍事オペレーションができるのかどうか、僕にはよくわからないけど、もちろん将来的には独立した軍隊を持ったほうがいいだろう。

しかし、何度読んでもいつまでに20万人にしたいのかが出てこない。
デッドラインなきミッションに達成はあるのか??










ところで、最近の退避勧告下のアフガニスタン・リポートは間接情報ばかりに頼っている気がする。
まぁ、それでも、アフガニスタンに関する情報を集めてコメントを加えて発信するというamplifier的な意味合いはあるんだろうけど。
なんか、今度は自分の目で見て感じたことでも書いてみるかなー。
[PR]

by aokikenta | 2007-12-03 21:26 | 日記(イスラマバード)


<< 退避勧告下のアフガニスタン・リ...      退避勧告下のアフガニスタン・リ... >>