2007年 12月 02日
退避勧告下のアフガニスタン・リポート⑤ お天気編
一昨日(おととい)くらいから、カブールでは雨が断続的に降り続いている。
「明日は雪になるんじゃないか」と、ナショナル・スタッフの一人が
一昨日の朝に言ってたけど、結局、今日まで雪は降っていない。
代わりに、久方ぶりの雨がしとしとと降り続いていて、
長い晴天のせいで乾き切っていた大地を喜ばせている。

気温は、雨が降り始めてから一気に下がった。
部屋でも事務所でも暖房をつける時間が右肩上がりに長くなってきた。
去年の冬ほど寒くなるのかどうかはわからないけど、
東京やイスラマバードより寒くなるのは間違いないだろう。

去年の日記を見返してみたら、初雪は11月28日に降ったと書いてあった。
今年はもう12月1日を過ぎたけど、初雪はまだだ。
これは、今年は暖冬になるというサインだろうか?
まぁ、もうすぐイスラマバードに帰っちゃうからあんまり関係ないんだけど。
蚊帳の外感は否めない。

ちなみに、クリスマスとか忘年会とか大晦日とか新年とか、
そういう日本的感覚がここ数年で圧倒的に薄れてしまっている。
興奮とか高揚感とかなんとなくソワソワしてしまう感じとか、
そんなものは知らない間に何処かへ消えて行ってしまったようだ。
価値観の断絶。

やっぱり蚊帳の外感は否めないみたいだ。

e0016654_025612.jpg

→僕の中にある「何か」と一緒に、雨は手すりから零(こぼ)れ落ちていく
[PR]

by aokikenta | 2007-12-02 00:04 | 日記(イスラマバード)


<< 退避勧告下のアフガニスタン・リ...      退避勧告下のアフガニスタン・リ... >>