2007年 08月 10日
えんむすび。
久しぶりに親父に会ったら、珍しくプレゼントをくれると言うので、
何かと思って見てみたらお守りだった。
やっぱりアフガニスタンで息子が働くことが心配なんだな、ありがたいなと思ったけど、
よく見たらそのお守りは「安全祈願」のお守りでもなく「交通安全」のお守りでもなく「縁結び」のお守りだった。

縁結び。
えんむすび。

面と向かって「結婚しろ」と口で言われるよりも、やけに胸に沁みるものがあった。
[PR]

by aokikenta | 2007-08-10 01:52 | 日記(カブール)


<< フェイド・アウトしていく東京の記憶      午前三時、回教徒の呻き >>