2007年 05月 04日
Mashhad
e0016654_126337.gifアフガニスタンに1年半くらい住んでいながら、隣国の中で行ったことがあるのはパキスタンくらいのものだ。中国に行ったことはあるが、ワハン回廊に接している新彊ウイグル地区に行ったことはない。アフガニスタンは、パキスタン、中国、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、イランの6カ国に接している。隣国以外にも少し足を延ばせば、キルギス、カザフスタン、ロシア、アルメニア、アゼルバイジャン、UAE、サウジアラビア、トルコ、インド等の国々へ簡単に行くことができる。ここにいる間にせめて隣国全てに行ってみたいと思う。日本にいたら滅多に行くことができない国々がこんなに目の前にありながら、その機会を見送るなんて余りにも哀し過ぎるではないか!目の前に広がる可能性、それを知りつつも指をくわえて黙って見ているというのは非常に耐え難いものがあるのである。

というわけで、今月の終わりくらいにイランのMashhadに行こうかと、密かに計画をしている。アフガニスタンの一部はもともとペルシャだったことから、アフガニスタンはイランからの影響を多大に受けている。こっちに住んでいると、きっとイランは文化の奔流なんだろうな、と思うことが多々ある。そんなイランを見ることで、これまで見えてこなかったアフガニスタンの横顔もきっと見えてくることだろう。海外から帰ってきて日本を見直すということはよくある話しだが、イランから帰ってきてそんな心境になれたら大きな収穫だと思う。6カ国全ていっぺんに行くことはできないので、まずは西の大国、世界の半分側から攻めてみよう。

航空券とビザの手配はなんとかなりそうなのだが、1泊目の宿泊先がインターネットでもなかなか見つからず苦戦を強いられている。できれば、旅行者が集まっていて情報交換が出来るような安宿に宿泊したいと思っている。どなたか、宿の名前までわからなくてもいいので、とりあえずここに行けば安宿がいっぱいあるよ、というようなコメントがあれば頂けると嬉しいです。

〈地図出典〉
白地図、世界地図、日本地図が無料」 http://www.freemap.jp/
[PR]

by aokikenta | 2007-05-04 01:13 | 日記(カブール)


<< Technical problem      Istalif blue >>