2007年 03月 27日
偽タバコと偽札
e0016654_2312455.jpg今吸っているタバコは偽物だと思う。本物に比べて、味からパッケージから何から何まで質が劣っているので間違いない。そもそも、アフガニスタンでは日本や外国の有名なタバコが1箱1ドルちょっとの値段で売っている。Duty Freeよりも安い時点で明らかにおかしいのだが、これまであまり気にせず吸ってきた。しかし、今回ばかりは吸うたびに舌がピリピリするので、もう道端で買うのはやめようかなと思う。

タバコだけではなく、知り合いのNGOの人が偽札を掴まされたと言って見せてくれたことがある。しかも、100ドルの偽札。タバコと違って額がでかいのでかなり痛かっただろう。

偽タバコと偽札。アフガニスタンにそれらを製造するだけの能力はないので、どこかの国で製造され、誰かが運び込んでいるに違いない。一体どこでこんないい加減なものを作っているんだろう。パキスタン?中国??それとも北朝鮮??前にニュースで北朝鮮の偽タバコ製造工場の映像を見たことがあるので、その線は濃厚かもしれない。だとしたら北朝鮮からはるばる海を越えて陸を越えてやってきたわけか。それはそれでなかなか感慨深いものがある。
[PR]

by aokikenta | 2007-03-27 23:08 | 日記(カブール)


<< 感無量      リエゾンに主観性は入り込むべきなのか >>