2007年 01月 28日
アーシュラー間近
昨日、今日とやけに街の電気が来ている。アーシュラー(1月29日、イスラム教シーア派の祭日)が近い為だろうか。街には、黒い門が至る所に建てられていて、アーシュラーへの備えは万全のようだ。聞いた所では、シーア派の男性は、故事にちなんでアーシュラーの日に鎖の束で体を痛めつけるそうだ。彼らが崇拝する人に殉じた行為で、それにより哀悼の意を捧げるということらしい。一度自分の目で見てみたいが、アーシュラー当日にはスンニ派とシーア派が衝突し死者がでることがざらなので止めておいた方がよさそうだ。オフィスでおとなしくしていよう。
[PR]

by aokikenta | 2007-01-28 02:39 | 日記(カブール)


<< なんとなくわかるという感じ      なごり雪? >>