2006年 12月 31日
インドネシア3日目 スルタン王宮
2006年12月29日(金)

e0016654_1418392.jpg

↑スルタン王宮前の様子。土産物攻勢が待っている。

 午前8時発のガルーダ航空で約1時間、ようやくジョグジャカルタに到着した。空港に着くと、ディアの友人ウィーディーとホテルの従業員が出迎えてくれた。ウィーディーはスペインで平和学を勉強していたインドネシア人の女性で、ディアの同僚だということだった。宿泊とトランスポーテーションは既にアレンジがされており、空港から東へ車で20分ほどで到着した。プランバナン寺院の直ぐ横にあるPOERI DEVATA HOTELで、結局ジョグジャを離れる1月2日まで宿泊した。

 今回招待されたディアの結婚相手のダニエルはオーストリア人なので、新郎の家族と親戚がはるばるオーストリアからやってきていた。僕は、親戚ではないがインターナショナルゲストということで、新郎家族と行動のほとんどを共にすることになった。僕以外にも、カナダから新郎友人のステーシーと、フランスから新婦友人のマチルダが来ており、僕らはいつもダニエルファミリーと一緒に行動をした。新郎家族のホスピタリティは素晴らしく、僕達の事を本当に家族の一員のように扱ってくれた。特に、アフガニスタンからこの結婚式の為だけにやってきたという事で、僕が感謝の気持ちを表す度に「こちらの方こそ、ダニエルとディアの為にはるばるアフガニスタンから来てくれてありがとう」と返してくれた。今でも感謝をしている。

 早速、ダニエルファミリーと一緒に観光地巡りをすることになった。この日は、スルタン王宮を訪問した。この王宮は、1755年にマタラム王国が分割された際に成立したジョグジャカルタ王国の王家(スルタン)が住む場所であったと言う。インターネットなどを見てみると、今でもジョグジャカルタの州知事であるスルタンは王宮に住んでいて一部が公開されているとある。しかし、ウィーディーは、現在はスルタンは住んでいない、と言っていた。どちらが正しいのかは定かではない。
e0016654_14195687.jpg

↑王宮の前で記念撮影。

 午前中にスルタン宮殿見学を終えると、ショッピングのメッカ(回教国でメッカという言葉を使うのも憚られるが)であるマリオボロで買い物をすることにした。マリオボロには、マクドナルドとピザハットが入った大きなショッピングモールがある他、メインストリートには土産物を売るお店が騒然と立ち並ぶ面白い場所だ。観光客向けの部分もあるが、現地の人も大勢買い物をしているので、そうというばかりではないようだ。
e0016654_14285676.jpg

↑マリオボロの大通り。ベイチャーと呼ばれる三輪車と馬車が、日がな客待ちをしている。 

 夜は、生バンドの演奏を楽しめるレストランでインドネシア料理を堪能した。ダニエルの親類、マチルダ、ウィーディーに加えて、クラスメートだったサンドラも参加をして楽しい夜になった。

e0016654_1453616.jpg←肉や野菜が豊富なインドネシア料理。ココナッツを使った料理は秀逸だ。

→大豆を発酵させて作ったテンペ。チリソースと一緒に食べるとおいしい。e0016654_14543857.jpg

e0016654_14554244.jpg←BINTANGビール
[PR]

by aokikenta | 2006-12-31 14:15 | (番外編)インドネシア旅行記


<< インドネシア2日目 一路ジャカルタへ      インドネシア4日目 ボロブドゥル寺院 >>