2006年 12月 01日
初雪
 一昨日(11月28日)にカブールで初雪が降った。寒くて暖房用の薪がどんどん減っていく。

 こちらの暖房は、ガス・電気・ディーゼル・薪・おがくずなど色々とあるけど、薪暖房はかなり主流だと思う。薪の小さい単位をセールと言い、1セールが約7Kgで45ルパ(約100円)くらい。10セールくらい買っておいてもすぐに無くなってしまう。大きい単位にはハロワールというのもあるのだが、何Kgのことだかわからない。これらはアフガニスタンだけの呼び名なのだろうか。ここでは皆が当たり前のように使っている。

 乾燥しているためかお風呂上りは肌がカサカサになる。夜は毛布を3枚掛けて寝ているが、それでも寒い。9月・10月は日本にいたので、秋がなくて夏から突然冬になったような気がする。

 道行く男性の多くはパトゥー(マントのようなもの)を羽織るようになった。そんな格好をしながらパキスタン大使館やイラン大使館の前でビザを取ろうと並んでいる人の群れを見ていると、カブールにもいよいよ本格的な冬がやってきたなという思いを強くする。
[PR]

by aokikenta | 2006-12-01 03:05 | 日記(カブール)


<< 降り続く雪      仕事と興味が一致すること >>