2006年 07月 19日
葡萄と向日葵
 アフガニスタンでは葡萄が沢山採れる。今日はスタッフの家の庭で取れた葡萄をご馳走になった。どれも粒が大きくてうまい。葡萄はアフガニスタンが世界に誇れるものの一つだ。

e0016654_22484762.jpg


 今日もう一つ印象に残ったのは、少し遠出をしたところで見たひまわりだ。ダリ語で何て言うのかスタッフに聞いてみたところ「アフタブ・パラシュト」というらしい。正確にコミュニケーションが出来ていたのかどうか心もとないのだが、アフタブは太陽のことで、パラシュトは動くというような意味らしい(間違っていたら申し訳ないです)。二つ合わせて、太陽に向かって常に咲いている花というような意味になるらしい。このアイデアって日本語の「向日葵」と全く同じだよなと思いつつ、どこでも人間が考えることは同じなのかもしれないなと思った。アフガニスタンの抜けるような青空と黄色の向日葵。いいカップルだ。

e0016654_22551568.jpg

[PR]

by aokikenta | 2006-07-19 22:56 | 日記(カブール)


<< ・・・気まずい瞬間      初セレナ☆ >>