2006年 07月 19日
初セレナ☆
 今日はカーブルに来てから初めてセレナホテルに行って来た。セレナホテルとは最近できたカーブル市の中心部にある超豪華ホテルのことで、NGOで働いている身としてはあまり縁がない場所である。たまたまお誘いがあったので初めて食事をする機会を持つことができた。

 ゲートを入るとまさに別世界。ここがカーブルか、と見紛うほどの美しさ、綺麗さ、清潔さ。イスラマバードで行ったマリオットホテルを思い出す。中庭でビュッフェスタイルの食事をしたのだが、どれもおいしい!要するに食べ放題なので思う存分食べてきた。感心したのはメニューの値段表記がアフガニーで書いてあること。通常、外国人向けのレストランでは値段はドルで書いてあるのだがセレナは違った。また、アルコールが置いていなかった。

 ただでさえ周囲に異彩を放つ豪華な建物なので、仮にアルコールを販売したりすると民衆の反感を買うのだと思う。貧しい暮らしをしている人たちからすれば、こんないい建物の中でおいしい食事をして、と思うと腹が立つに違いない。過激派からしてみると格好のターゲットにもなり得る。そういった観点からアフガニスタンの文化を尊重した配慮なのだと推測する。

 ビールが飲めないのは残念ではあるが、アフガニスタンにあるホテルがアフガニスタンの文化を尊重しているというのは気持ちのいいものである。変に外国人に迎合していない所にこだわりを感じた。セレナホテル、もう一度食事をしたい、できたら宿泊してみたい場所である。
[PR]

by aokikenta | 2006-07-19 03:49 | 日記(カブール)


<< 葡萄と向日葵      インド料理 in Kabul >>