2006年 07月 17日
ずんだ干し
毎年恒例のずんだ干しの季節がやってきた。この季節になると、どの家もおじいちゃんから子供まで家族総出でずんだ干しを手伝う。山間にある農家がほとんどのこの村も例外ではなく、朝から晩まで子供がずんだ干しを手伝う様子が見られる。地平線まで見渡す限りずんだ干しが広がる様子は壮観な眺めであり、観光シーズンには観光客で賑わう。

(意味)
「ズンダボシ」とは・・・というか、もう意味なんて要るか??
[PR]

by aokikenta | 2006-07-17 01:25 | 日記(カブール)


<< インド料理 in Kabul      問題なぼし >>