2006年 06月 11日
スウェーデン対トリニダード・トバコ
ここまでW杯開幕戦から全ての4試合を見たが、スウェーデン対トリニダード・トバコ戦が一番面白かった。結果的にはスコアレスドローだったのだが、両チームともに気持ちの入った非常に熱い試合だった。スウェーデンは終始攻めていたがなかなかゴールが決められず、反対にトリニダード・トバコは引き分けでも御の字なので必死に守りを固めてカウンターを狙う。中盤の激しいボールの奪い合いや、スウェーデンの中央突破・センタリングを織り交ぜた多彩な攻撃、気持ちの入ったトリニダード・トバコのディフェンスなど見所満載だった。こんな試合がこれから約1ヶ月ほぼ毎日観られるなんて・・・なんて幸せなんだ!!!さぁ、これからアルゼンチン戦観よ。
[PR]

by aokikenta | 2006-06-11 03:42 | 日記(カブール)


<< カーブルでのとある日の日記      シャリア >>