2006年 06月 07日
NGOの毎日
現行事業が完了に差し掛かり、日々の総務から安全管理や予算の見直しまでやる事が増えてきている。特に、予算の見直しは慎重にやらなければ予算枠に収まらないなどになりかねないので神経を使う。更に、これまで一つの事業を展開してきたわけではないので、既に完了した事業の報告やら資材の管理などもしなければならない。それでも色々なことをする中で自分の仕事のできる範囲(キャパシティー)が広がっていくのが面白くもある。国際協力に興味がある人はNGOで働いてみると足腰が強くなると思う。
[PR]

by aokikenta | 2006-06-07 02:26 | 日記(カブール)


<< プロパーの○○      能動的な姿勢 >>