2006年 05月 31日
続報 カーブル暴動について
 暴動翌日の30日、そして今日31日は、驚くほど静かだった。静寂。30日はホワイト・シティーだったので援助関連団体の車両は一台も見られず、午前の内は商店も閉められ、歩く人もまばらであった。しかし、午後になると再開する商店もあり、人通りも回復し始めた。今日は、30日よりも通常の生活に戻ったことを実感した。Back to normal。

 しかしながら、平穏を取り戻した理由は、アフガン国軍・警察が厳重な警備を敷いた事によるところが大きく、武力抑止による平穏に過ぎないと言える。見た目は平穏だが、緊張は潜在的に存在していると考えられる。実際、30日には、事件に怒った200人あまりの学生がカーブル大学に集合したと報道されている。警察の迅速な判断により、多くは逮捕された模様である。軍隊・警察による早い対応によって、暴動再発の芽は摘まれている。

 次の焦点はイスラム教徒礼拝日である金曜日(6月2日)ではないかと広く言われている。モスクに集まったモスリムの前で、ムッラー(宗教指導者)が米軍車両による交通事故について触れ、怒りを再燃させる恐れがある為だ。通常に戻ったからと言って、安心するのは早計である。用心の上に用心を重ねた安全対策を採るのが最善と言えるだろう。
[PR]

by aokikenta | 2006-05-31 22:58 | 日記(カブール)


<< 続報2 明らかになる事実      米軍車両交通事故による暴動勃発 >>