2006年 05月 11日
ペプシ人気の国
 週の半ば、やや疲れ気味。日差しは相変わらず強く、紫外線がメラニン色素に直接刺激してくる。日差しの強さと暑さが相乗効果になってなのか、最近はコーラ、スプライトなどを1日に2本くらい飲んでしまう。こちらでは飲み物が安い。350mlのジュースが24本で6ドルとかで買える。3人で割って買ったりすると、1人頭2ドルになるので、日本の値段からすると相当安い。麦茶も烏龍茶もないので、今年の夏は炭酸飲料ばかり飲んでしまいそうだ。

 アフガニスタンでは、コカコーラよりもペプシが人気がある。何か理由があるのかな?文化的背景があったりするのだろうか。少し気になるところではあるが、炭酸飲料を飲む量に影響はなさそうだ。ちなみに、こちらの人はスプライトだろうと、7upだろうと、ミリンダだろうと、「ペプシ」と呼ぶ。本来は固有名詞のものが、ある国では一般的に使われているという良い例だろう。

 太らないように気をつけよ。
[PR]

by aokikenta | 2006-05-11 00:09 | 日記(カブール)


<< 鉄の箱を心に持つ国民      ワールドカップの季節です >>