2006年 04月 15日
アフガン麺(アーシュ)
 意外に思うかもしれないが、アフガニスタンでは麺類が食べられる。麺類は総称して「アーシュ」と呼ばれている。

e0016654_027529.jpg


 麺類と言っても日本のラーメンや、中国の麺類とは大きく異なり、スパゲティを使っている。

 麺の食感はアルデンテとは程遠く、芯がなくてふにゃふにゃで、噛まなくても食べられるほどに柔らかい。家でスパゲティをよく茹でるが、どんなタイミングで上げてもどうしても柔らかくなってしまうので、もともとそういうものなのかもしれない。

 ソースの作り方はよくわからないが、大量の油でにんにくやトマトを炒めたような味がするソースがかかっている。お椀の淵に見えるオレンジ色の層をなしているものが油である。あな恐ろしや。豆や人参が入っていることもある。

 味の評価は・・・うーん、微妙。☆1.5くらいが妥当か(3段階評価)。とにかくお腹が一杯になる料理だ。
[PR]

by aokikenta | 2006-04-15 00:33 | 日記(カブール)


<< Remnants of War      外出制限、運動不足、老化 >>