2006年 02月 15日
レバノン料理屋
 今日は一度午後に外出した以外は、事務所で仕事をしていた。いよいよ事業が開始したので、いろいろと細かい問題があがってくる。一つ一つ捌いていくしかないな。

 夜は、知人の送別会に参加してきた。2年近くカブールにある日本の商社で働いていた方が、この度離任することになり、仲がよかった人達で食事をした。彼はダリ語での意思疎通も問題なく、また商社で働いていたことから現地の習慣に精通している。彼を見習って、早くレベルアップをしなくてはと思った。
 
 レバノン料理屋で食事をしたのだが、味もサービスも雰囲気もよく、とても気に入った。小さくて丸いナンのようなパンをディップにつけて食べた。とてもおいしかった。牛肉、鶏肉、羊肉のグリルも全て美味しく大満足だった。中東を見て回りたいという思いを強くした一日だった。
[PR]

by aokikenta | 2006-02-15 03:35 | 日記(カブール)


<< なんでもない、しかし忘れられない光景      再開 >>