2006年 02月 09日
3ヶ月目のジンクス
アフガニスタンに来たのが11月6日だったので、滞在も3ヶ月を超えたことになる。喜ばしいことだ。しかし、精神的疲労及び過労からダウンしてしまい、今日は一日部屋で休息させてもらった。仕事の上でも私生活の上でもつらい事が立て続けに起こり、表面張力で持ちこたえていた水が何かのきっかけでグラスからこぼれ落ちるように、僕のキャパシティーも限界を超えてしまった。気力・体力ともに充実してから再び書き始めたいと思う。男女の付き合いは3年目で倦怠期に入るとよく言うように、3のつく数字は転換期と言われる。しかし、僕は初心を大事にこれからもアフガニスタンで仕事をしていくつもりである。もちろん、何が起こるかはインシャッラー、神の思し召しなので、どうなるかは誰にもわからない。目に見えぬ大きな物に身を委ねよう。
[PR]

by aokikenta | 2006-02-09 01:43 | 日記(カブール)


<< 再開      デンマークの憂鬱 >>