2006年 01月 31日
代表的料理3種類
 プロジェクト開始直前ということで怒涛のように押し寄せてくる仕事を必死でさばく日々になってきている。くどくなるのだが、自分が予定していたようには進まずイライラすることもありながら、しかしそれを受け入れつつ、一歩一歩進んでいければと思う。

 今日はアフガニスタンのレストランに行ってavailableな3種類のメニューを写真で紹介してみたい。

e0016654_2334055.jpg←前にも乗せたケバブ。ケバブ屋さんにはケバブしか置いていない。


e0016654_2344733.jpg←羊肉とじゃがいも人参などを煮込んだコルマ。材料的にはにくじゃがとほぼ一緒。油は多いけど日本人に合う味だと思う。


e0016654_23633100.jpg←これまた、前に別の写真で紹介したパラオ。お米に人参干しブドウなどが乗っかっている。外から見るとお米だけかと思うが、中には羊の肉が入っている。初めがっかり、後でびっくりという料理だ。


アフガン料理は基本的にお腹を一杯にする為にある。味が悪いというわけではないが、微妙な香りや味を楽しむ料理はあまりない。だから、お腹がすいているお昼ごはんには最適だが、連続で夜に食べるのはきついというのが正直なところである。

 上の三つが代表的アフガン料理だけど、見ていて何か気がつくことがあると思う。それは、品目が少なく、使っている食材の数も限られているということだ。日本では健康のために、30品目以上取りなさいとよく言われるが、それを実現するのは至難の業である。その事で問題になるのは、栄養不足である。ケバブを食べると、ナンから得られる炭水化物とケバブから得られるたんぱく質・脂質、そしてチャイに入っている砂糖から得られる糖質くらいしか摂取できない。野菜が皆無なのである。コルマ、パラオにしても人参くらいしかなく、ビタミン不足、食物繊維不足に陥りやすい。そういうわけで、こちらに住む場合には積極的に野菜や果物を取るようにしましょう。
[PR]

by aokikenta | 2006-01-31 23:24 | 日記(カブール)


<< アフガニスタンの大地      アフガニスタン土産 >>