2005年 12月 03日
イスラマバードより
 12月1日に無事イスラマバードに到着した。カブールよりもずっと暖かいのがとても嬉しい。上着無くても歩けるぐらいだ。しかし、天気の違いにも驚くけれども、パキスタンとアフガニスタンの発展レベルの違いには衝撃的と言ってもいいくらいの驚きを覚える。道路も整然としているし(イスラマバードだけかもしれないが)、信号もあるし、お店には豊富に物がある。砂埃がないだけでも感動物だ。日本帰ったら卒倒しそう(笑)。

 初日の夜はパキスタンにいる友人と中華料理を食べた。麻婆豆腐の中にある豆腐に感激。うますぎる。その他、ワンタン麺、炒飯、宮爆鶏丁などを食して満足だった。

 2日目の昨日の夜は、マリオットホテルの中にある日本料理屋さん「さくら」にて10人で晩御飯。外の世界に比べればとても高いが、それに見合うレベルだと思った。料理が出てくるのが遅いのを除けば素晴らしかった。さわら焼き、味噌汁、ごはんを頼んだけれどもどれも日本の味がしておいしかった。あそこには日本人シェフがいると思う。値段は1000ルピーくらい(約2000円)くらい取られる。1000ルピーはパキスタンの物価を考えると大金だけど、ずっと住んでいたら多分来るだろうな、と思う。

 繰り返しになるがイスラマバードはすごく発展している。大都会と言ってもいいと思う。マリオットホテルなんかもあるし(超豪華)、トヨタやらホンダの新車がよく走っている。道路もゆったりと幅があって、整然としている。なにより僕にとっては、自由に外出ができるというのが素晴らしい。カブールではナショナルスタッフなしでは外出は一歩もできないのでぶらぶら買い物することができない。知らず知らずのうちにストレスが溜まっているのかもしれない。そういうわけでイスラマバードにたまに出られればとても良い息抜きになる。

 最後に、パキスタンのトラックの写真を1枚。
e0016654_1933421.jpg

こういうカラフルなトラックやバスが町中どこでも見られる。なんでこんなカラフルなのだろうか??単純に面白いなぁと思う。
[PR]

by aokikenta | 2005-12-03 19:05 | 日記(カブール)


<< うれしい      パキスタン出張 >>