2005年 11月 07日
☆カブール到着!!!☆
 無事にカブールへ到着した。ようやくインターネットへの接続も完了し、更新する時間と体力ができたので、遅まきながら近況報告をしたいと思う。

 まず、前回の日記から何があったのか書きたいと思う。4日(金)は13:55成田発のパキスタン航空便でイスラマバードへ出発した。このフライトは北京を経由するため北京での待ち時間を含めて合計11時間の長旅だった。しかも、北京で経由時にフライトから降りられないのでぶっ続けで乗っていることになった。疲れた。

 長旅を終えてイスラマバード空港を降りると、迎えの人が来ていた。この「迎えの人」だが、驚くこと無かれ、このblogの一部の読者は知っている人だ。僕のブラッドフォード時代の友人なら必ず知っている人だ。パキスタン支援プロジェクトに際して急遽イギリスから来てもらうことになった(先方への迷惑がかかるかもしれないので名前は伏せます。当ててみて下さい。まだイギリスにいる人で・・・まさかあの人がパキスタンに!)。久しぶりの再会を果たして、イスラマバードオフィスへタクシーで移動。結局、僕の乗継ぎ便は6日の国連機(イスラマバードーカブール)なのでこのオフィスで2泊することになった。初日はシャワーを浴びて、すぐに寝た。

 翌日(5日)は丸一日空いていたので「迎えの人」がオフィスで一生懸命働いているにも関わらずゆっくりとさせてもらった。午後に、オフィスにいる人達3人(フィンランド人2人、トルコ人1人)と車でイスラマバード市内を見て回った。ラマダン明けのイード祭中ということでお店のほとんどは閉まっていた。残念。でも、パキスタンは初めてだったので街行く人を観察したり、空いている店をひやかしたりして楽しんだ。イスラマバードは整然と整備した街で、想像していたような喧騒とカオスはなかった。街が「F」で始まるブロックで区切られていて、例えば僕の所属する団体は「F10」と呼ばれるブロックの一角にある。要するに、人の生活が元々あって街ができたというよりも、トップダウンで街を作ってそこに人が住むようになったということなのだろう。

 途中、DVD屋に立ち寄った。一枚約250円で最新のDVDが購入できる。中国などと同じように、うまい事やってこの値段で売れるわけなのです。一緒にいったオフィスの人たちはイスラマバードですることがあまりないということでまとめて買っていた。

 夕食後、他の日系NGOに勤める知り合いの女性が訪ねに来てくれた。僕がイスラマバードにトランジットで来ていると聞いて、アフガン着任前にわざわざ来てくれたのだ。しかもちらし寿司を携えて。僕の団体のこと、彼女の団体のこと、日本のNGOのことなどなど話に花が咲き、気がつけば夜の1時近くになっていた。タクシーを呼んで彼女を送り出す。アフガニスタン出発前夜の励ましになった。

 明けて出発当日(6日)の朝。8:00イスラマバード発の飛行機で行かなくてはならなかったので、6:00にオフィスを出発した。車で空港まで30分くらいということだったので余裕だろうと思っていた。しかし、トラブルが発生した。うちの団体が契約しているドライバーに送ってもらっていたのだが、ラジエーターから水が漏れているではないか!道路の脇に停車してボンネットを開けてみるとエンジンがシューシュー言っている。ペットボトルの水をラジエーターに注ぎ込むと、まるで焼け石を水に入れたみたいにジュージュー言い始めた。車の下を見てみると今注いだ水がもう漏れ始めている。必死に水を注ぎ込むドライバー。よく見てみると、車の後部座席には2Lペットボトルが5本くらい置いてあった。水漏れてんの知ってたんだな・・・。先に言って欲しかった。

 「ノープロブレム、サー」

と言うので大丈夫なのか、と思ったらすれ違うタクシーに声をかけた。何かをウルドゥー語でしゃべっている。話がまとまったらしくそこら辺にある駐車場へ停車した。

 「タクシーで行ってくれ」

そんな馬鹿な・・・。しかもお金を払ってくれと言うではないか。うちの団体のイスラマバードオフィスは彼の会社に契約料を払っているはずなので、それはできないと言った。しぶしぶ彼は空港までの200ルピー(約400円)を払った。タクシーに荷物を詰め替えてタクシーで空港に向かった。後で聞いた話では、ドライバーの彼は無事イスラマバードオフィスへは帰りついたらしい。その200ルピーをどこが持つかについては団体とドライバーの会社間で交渉するらしい。日本では当たり前のことでも途上国では当たり前ではないことを身をもって痛感した。飛行機に間に合ったからよかったものの、タクシーがつかまらなかったらアウトだった。車の整備をしっかりすること、空港へはなるべく早く行くこと、こういった基本の重要性を実感した。

 イスラマバード空港では偶然日本人に会い、いろいろと情報交換をし、予定より少し遅れて8:30頃国連機に搭乗した。案外小さい機体で、座席は決まっていない。

e0016654_23403262.jpg

 
 約1時間のフライトでカブールへ到着した。文章が長くなっているので、消える前に一旦アップしたいと思う。

つづく



 
[PR]

by aokikenta | 2005-11-07 23:42 | 日記(カブール)


<< カブール到着 つづき      出発前夜 >>